台湾大人気YouTuber 三原JAPANの「相似音的歌(似てる音の歌)」のMVです。

脚本、演出、編集、VXFを担当しました。

今作は日本語と中国語の似てる音を歌詞にした曲のMV。曲自体とても不思議な楽曲なのもあり、台湾で撮った作品の中では、一番企画に時間がかかった作品。企画〜仕上がりまで大体2ヶ月くらいかけました。撮影は1日のみなので、いかに企画や編集に時間がかかるか自分でも改めて認識。

カメラはBMPCC4KとURSA mini。カメラマンは台北と札幌で活動しているAlive Liu氏に依頼。日本語がかなり上手なのでコミュニケーション的にはかなりやりやすかった撮影でした。日本でも台湾でもない不思議な空間を表現するため、美術等いろいろ工夫も施しました。

あと今回はなんといってもモーショングラフィックス。

今回モーショングラフィックスは2人体制で制作し、もう一人は主に歌詞の字幕のモーションを、僕はそれ以外のベースのエフェクトや合成を担当。ボク自身ここまで深いAfterEffectsに触れる機会はなかったので、勉強しながら制作を進めていきました。

その結果、その無限の表現の可能性に魅了されました。After Effectsはやればやるほど面白い。深みにハマります。

僕は映画からキャリアをスタートしたのもあり、今まで実写撮影をどうやっていくかに焦点を当てていましたが、今回の作品でポスプロでの表現の幅広さと可能性に気づかされました。

今後、もっとAEなどでのVFXにも力を入れていこうと考えています。AEの使い手は魔法使いと呼ばれることもありますが、あれは本当かもしれません。魔法使いになったように、表現を生み出すことができる。

また作品づくりが楽しくなった瞬間でした。



※関連動画

メイキング


解説動画


録音現場風景