いつも担当させてもらっている黃氏兄弟のMV。本作はタイトルの通り「光」をモチーフにしたMVを制作しました。

監督、編集、カラーグレーディングに加えて、今回は3DCGも担当。今個人的に大注目しているBlenderを使ってCG制作を行いました。

カメラはPanasonicの新作カメラS1Hを使い、光をテーマとしていろんな光の描き方を工夫しました。カメラマンと照明さんにはフィルターだけではなく、いろんな反射系小物?を準備してもらい印象的な光の演出にチャレンジしております。

また今作でとても重要なモチーフである鳥ですが、これも台湾現地の工房にお願いして撮影のために小道具を作ってもらいました。ちゃんと光を透せるようにオーダー。

この鳥は実写の世界では小道具を用意しつつ、撮影前に3DCGでの制作も同時に進めていきました。

僕は元々モデリングやリギングは得意ではないのですが、今回を機にかなり勉強しました。演出的に、実際の小道具とつながりをもたせるため限りなく小道具の鳥と同じようにモデリング。またこの鳥はハチドリをモチーフにしてますが、ハチドリの羽ばたき方や動き方も研究しながら進めていきました。

撮影後は、必要に応じてモーショントラッキングをして合成。最終的にはAfter Effectsでコンポジットを行い、質感などを実写映像と合わせながら仕上げていきました。

Blenderの楽しさを噛み締めつつ、今後もっとCGを取り入れた作品づくりができるように思考を巡らせています。今後の作品にもぜひご期待ください。